音楽はカッコイイと思うのですが。たぶん

2003年6月19日

 その後の「やぢま新ユニット」ですが無事3曲目の録音を終えデモCDを作る事が出来ました。いよいよ関係各位に聴いて頂く段階に入ったわけなのですがよく考えたらバンド名が未だ決まっていません。で,レコーディングの合間,スタジオのロビーでメンバーに相談したんです「バンド名どうしよう」って。そしたらギターの山田豪君が身を乗り出してきまして。

   豪 「やぢまさんオレがバンド名考えますよ」

  やぢま「ヤだ。オマエ変な名前考えそうだから」(参照)

   豪 「そんなことないですって。『イルクーツク』ってのはどうスか」

  やぢま「… 何 そ れ」

   豪 「市ですよ。ロシアの市」

  やぢま「そうぢゃなくてオレらとどういう関係が」

   豪 「やっぱ地名はダメですかね」

  やぢま「そういう問題ぢゃねんだよ」

   豪 「ぢゃあコレはどうスか『スペインのペテン師ホセ・ミゲール』

  やぢま「長えよ! つうか誰だよそれ」

   豪 「『ホセ』はもちろんJoseって書かないと」

  やぢま「知らねえよそんなコト」

   豪 「これもダメだとするともう俺はノー・アイディアっすね」

  やぢま「選ぶ基準が判らねえよ」

   豪 「ぢゃあやぢまさんに子供が出来た時にオレが名前を」

  やぢま「付けんな」

   豪 「『箭島ホセ』ってのはどうスか」

  やぢま「なんでそうなるんだよ! てか日本人ぢゃねえのかオレの子供は」

   豪 「いや日本人ですけど。ホは保留の『保』に」

  やぢま「漢字にすりゃいいのかよ!」

 みちよん「セは背中の『背』とか」

 

 やぢまの第一子 = 箭島 保背(ホセ)

 

   豪 「あ,でも漢字はJose(ジョセ)って読める漢字にしないと」

  やぢま「しなくていいよ! つうかもう名前ぢゃねえよソレ」

   豪 「ジョは除外の『除』に」

  やぢま「何でだよ! もっといい漢字にしてくれよ」

   豪 「セメントの『セ』」

  やぢま「カタカナかよ!」

 

 やぢまの第一子 = 箭島 除セ(ホセ)

 

 †

 さぁどうなるやぢま新プロジェクト。音楽云々以前にギタリストの頭の中身とオレの今後の人生が心配です。

Comments are closed.