やぢまは飛行機嫌いのくせにブラジルに行ってみたいのですが

2004年10月4日

 こんにちは! 今日の「Meditation」はここ,新宿三丁目にある小汚い居酒屋の男子トイレ(個室)からお送りしております! 現在私は友人の帰国パーティーの3次会に出席しておりましてもう今にも潰れる寸前dオエエエエエエエエエエエヱヱヱヱヱヱヱヱヱヱ(沈没)

 †

 …っつう訳で久々に自力で帰れない人になってしまったやぢま君です皆さんゴメンナサイ。幸い車で来ていた奴(←もちろんお酒は飲めず)がたまたま私の近所でして無事家まで辿り着く事ができました。「まぁ家に着くまで助手席でゆっくり寝てなよ」と優しく言ってくれるわけですが彼の車は泣く子も黙る日産フェアレディZ。どんなに彼がそうっと運転しても締め上げられたサスペンションとレカロシートと偏平タイヤが私の熟睡をことごとく妨害してくれました(それでも寝てたけど)。でもホント助かりました。今度運転させてネ。

 ちなみにこの日の主役だった友人というのは1年前から世界を放浪して回っていたのですがどこかの国で強盗にあって身ぐるみ剥がされたのでふて腐れて帰国してきたという顛末。主にアジアとアフリカの国々を渡り歩いてきたらしいのですが彼の口から語られる話は本州から出た事すら数える程しかない私にとってはもう殆どファンタジーと言っていいような世界で,心から彼を羨ましく思わずには居られませんでした(強盗に襲われるのはカンベンだけど)。もっと色々聞きたかったのに今回は先にオレが潰れてしまったので彼が次の旅に出る前にまた会って話の続きを聞かなくては(で,また潰れる。笑)。

 それにしても大学の仲間達と集まるのは1年ぶりくらいで楽しかったなぁ。そのうちの一人の生え際の後退具合が見事だったので無断掲載。

髪の毛を押さえているのが帰国した友人

 ●「Live Info.」に1件追加。

 ●「Links」に2件追加。

Comments are closed.