ベースの話なんかしてる時は本当にネタが無い時。

2005年5月24日

 先日とあるレコーディングの仕事を頼まれたのですが,依頼主のアレンジャー氏から「やぢま君て箱鳴りするようなベース持ってる?」と留守電が。多分エレアコベースの事だと思い,「持ってないのでエフェクターとかで対応します」とこちらも留守電に入れておいたのですが,「そういえばあんまり弾いた事ないなエレアコベースって,一度どこかで見かけたら弾いてみるか」と思っていた矢先に自分がレッスンをしている楽器屋でGodin(ゴダン)社製A4の中古品を発見,ほんの軽い気持ちでアンプに繋いで弾いてみたらまんまウッドベースの音が出てきたので仰天。多分どんなエレアコでもこんな音がするというわけではないのだろうけど,この楽器はフレットレス,フラット弦,ピエゾP.U.に加えてボディ構造も特殊とかで音色はもうホントにウッドベースそのもの。この楽器でCDなんぞ出した日にゃ「あれ,やぢまゆうぢってウッドベース弾けるんだ」などと誤解を受ける事間違いなし→うおお誤解されてえぇぇぇぇ,ということで99800という値段にも惹かれ一瞬本気で買ってしまおうかと思ってしまったんですが,普段6弦しか弾かないやぢま君にとってはHi-C弦はともかくLow-B弦が無いのは非常に不安でありさんざん弾き倒して遊んだ挙げ句「せめて5弦モデルがあればなぁ」などとほざいて楽器を元の場所に戻しておいたのでした。

「せめて5弦モデルがあればなぁ」

あるのかよ。さぁどうするオレ。

Comments are closed.