備忘録<その71>

2006年6月20日

 ●「Live Info.」に1件追加。
 ●「やぢまproject Vol.5」ご来場の皆様,誠にありがとうございました。
 ●その時のMCでも言いましたが日本×クロアチア戦の時やぢまはケーブルテレビでアニメ見てましたスミマセン。最初交互に見比べてたんだけどウチの家族にはあの試合より「ドラゴンボール」の再放送の方が好評だった。
 ●その後「ど根性ガエル」もついでに見てしまったんだけど,ひと昔前のアニメはほのぼのしてていいなぁと思った。音楽の聴き手としての自分も同じように,例えば「昔のR&Bはいいなぁ」などとしみじみ思う事がよくある。
 ●確かに「昔から好きな音楽」は誰でも心が休まるものだと思う。「ジャズはスタンダードが好き」という人達の思いもそれに近いものなのかもしれない。
 ●もちろん音楽なんて聴きたいものを聴けばいいと思うし,他人に自分の好みを押し付けるべきものではないと思う。でも一人の聴き手として考えてみると,もし「今後は知ってる音楽しか聴かない」と殻に閉じこもってしまったら,世の中にあまたある未だ私の知らない素晴らしいメロディー達に会える可能性を自分で潰してしまう事になってしまう。
 ●それは聴き手にとっても作り手にとっても大きな不幸であり,やはり作り手としては良いメロディーを沢山作って世に問いたいし,演奏者としては有名/無名問わず沢山の素晴らしい音楽が世に存在する事を多くの人に知ってもらいたいと思う。
 ●それにしても「スタンダード」って何なんだろう。よく演奏される曲,よく知られている曲を「スタンダード」って一括りにするのって,本当は物凄く不遜な事なんじゃないだろうか。

Comments are closed.