今回は特に強力なメンツです

2009年2月4日


(クリックで拡大)

 2/2の「ISSEI NORO INSPIRITS」ライブ,ご来場誠にありがとうございました。当初,演奏時間はアンコールを含めても2時間を切るくらいだろうと予想していたのですが,ふたを開けてみると本編を終わった時点で既に2時間演奏していましたね。ともかく,たっぷりたっぷり演奏しました。
 打ち上げが終わった時点でもそれほど疲労感はなくこのまま5次会くらいまで行けるんぢゃないかと思えるくらいのハイテンションでしたが,どうやらそれはカラ元気だったらしく翌日のオフは丸一日殆ど動く事が出来ませんでした(笑)

 このライブで気がついた事は,歌ものにしろインストにしろ自分は16ビートがやっぱり一番好きなんだな,と。ラテンもブラジルもロックも4ビートももちろんみんな好きですが,ファンキーな16ビートのリズムに自分は何か特別な愛情を持っているんだという事を再認識しながらの演奏でした。
 ですから,満席の会場を見渡しながら2時間以上に渡って野呂さんの曲を演奏できたこの日のライブは本当に幸せなひとときでした。さらにバンドとしてパワーアップした,大胆でワイルドな音楽がきっとお客さん一人一人にも伝わったのではないかと思います。「バンドらしくなる」というのは,緻密に繊細にまとまっていくという事ではないんですよね。

 さて冒頭に掲げたフライヤーの通り,2/6には「Crossover Session」と題した私のリーダーセッションを調布GINZで執り行います。大抵私が自分のセッションに付けるサブタイトルは便宜上のものであり「Funk」と冠していてもタンゴの曲を入れたりするなど朝飯前ですが(笑),今回ばかりは割と羊頭狗肉でない曲目が頭の中に出来上がっておりフュージョン好きの皆さんにはきっと楽しんで頂ける内容になるかと自負しております。是非沢山の方々にご来場頂きたいと思っている次第であります。詳しくは「Live Info.」のページにて。フュージョン最高!

Comments are closed.