病院バトル2009 - Part3 –

2009年10月20日

 ●「Live Info.」に2件追加。


(↑クリックで拡大,ドラッグ&ドロップでダウンロード)

 さあいよいよ超絶グルーヴマスター,村上広樹さんとの初の双頭セッションが本日(10/20 Tue.)新宿サムデイにて行われます。思えば村上さんと初めてお会いしたのは同じサムデイでのかなりスタンダードジャズ的なセッションでしたが,リハを終えた段階でなぜか両者に流れているファンクな血をお互いに嗅ぎ取り意気投合し「いつか一緒に何かをやろう」と言い合っていた仲なのです。今回のセッションは私にとってそれが初めて実現する待ちに待った日であり,しかも初回はあえてファンクにこだわらずジャズからポップスまで,インストから歌ものまでセッションらしく何でもやってみようという楽しみな企画です。原田さんと華ちゃんの超素晴らしいオリジナルの中からも,私が特に好きな曲を選んで演奏する予定です。あぁ我ながらなんという素晴らしい人選。皆様のお越しをお待ちしております!

 †

 …前回の「病院バトル」の続き。

 4月13日月曜日,朝早起きして横浜市民病院へ。でかいMRI写真があるのでクルマで行ったところ病院の駐車場が大人気で乗用車の長蛇の列(ただ狭いだけかもしれないが)。なんとか受付時刻ぎりぎりに入庫し案内された脳外科で画像を提出し待つこと30分,「ヤジマさんどーぞー」と呼ばれドキドキしながら入室。お医者様は40代初め頃と思われる男性の先生。前の病院と同じようにバックライトで照らされたやぢま頭部の輪切り画像が。

 医「ヤジマさんね,近くの病院で頭痛検診を受けたんですね」
 や「はい」
 医「これ,結論から言いますと脳外(「のうげ」って略してた)的には何も問題なさそうです」
 や「そうなんですか? 何か『脳がズレてる』って言われたんですが…」
 医「あぁ,コレ(一枚の写真を指差す)のことでしょ,これ『くも膜のう胞』って言ってね」
 や「はい(…何か怖そうな名前)」
 医「たまになってる人がいるんだけど,まず何も起こらないから大丈夫」
 や「そうなんですか」
 医「診てくれた先生って幾つくらいの方?」
 や「かなりご年配に見えました。60代かと」
 医「そうなの。まぁ僕の方から『大丈夫です』って手紙書いておくから渡しておいて」
 や「わかりました」
 医「何もなくてよかったね,心配したでしょ」
 や「いやーホントによかったです,でも副鼻腔炎についてはどうなんでしょうか」
 医「副鼻腔炎は確かにあるみたいですね,これは耳鼻科で治してもらった方がよいでしょう」
 や「これが治ったら頭痛も治るんでしょうか」
 医「それは断言できませんが,良くなる可能性は十分にあります」

 くも膜のう胞については先生が図を書いて丁寧に説明してくれました。親切な先生にお礼を言って病室を辞し車に戻り,ケータイで自宅近くの耳鼻科を探すことに。ホントはそのまま同じ病院の耳鼻科に行ければよかったのですが,横浜市民病院は完全予約制で急患以外の飛び込み外来は受け付けてくれないんだそうです。
 自宅もより駅から5分ほど歩いたところにある耳鼻科を首尾よく探索し車で出発。この耳鼻科の先生がまた傑作個性的な先生でした。

 …Part4へ続く。

Comments are closed.