4月~5月の出来事

2009年11月9日

 ●「Live Info.」に1件追加。

 副鼻腔炎の発症が発覚し耳鼻科に通い始めた4月頃は毎年恒例のJ&Oツアーがありました。去年と同じく今年も大阪ブルーノートでの公演が千秋楽となり,打ち上げも去年と同じ御堂筋にあるお好み焼き屋さんで行われました。もうとにかく「ニンニク焼きそば」と「ゆず酢焼きそば」が最高でありどうか来年のツアーも大阪が千秋楽になってくれないかと願うばかりです。
 そして返す返すも残念なのはJ&Oの他ISSEI NORO INSPIRITSでもお世話になったビルボードライブ福岡がこのツアーののちに閉店となってしまった事です。いつも開店前に店員さん全員によるミーティングがあり前日にあった問題点や善後策について真摯に話し合っておられた姿が印象的でした。ゴハンもおいしくアテンドも行き届いた(BN/BB系はどこもそうですが)居心地のいいあのお店でもうプレイする事ができないのかと思うと寂しい限りです。


名古屋ブルーノートでゴハンを頂くの図

 5月には私のバースデイライブがありこの前後だけはここ「Meditation」を臨時更新しておりました。思春期の頃のヒーローだった爆風スランプのドラマー,ファンキー末吉さんとの共演は本当に幸せなひとときでした。またYukieさんに久方ぶりに私のセッションに参加していただいた事,INSPIRITSの林君と生ピアノで共演できた事,そしてヴォーカル三科かをりさんの圧倒的なパフォーマンスも私にとってこの上なく嬉しい思い出となりました。
 このセッションのフライヤーを作ってくれたのが13年ぶりに再会した中学の頃の友人だった事はここでもご紹介しましたが,このライブの直後,今度は小学校(奈良ではなく,その後に転校した国分寺の)の時の友達がこのサイトを見てメールを寄越してくれました。「君は政治家か何かになると思ってたのにミュージシャンになってたので腰を抜かすかと思った」との事。何度かのメールのやり取りを経たあと新宿サムデイでのライブを見に来てくれた彼と23年ぶりの再会を果たし,限られた時間の中昔話で思う存分盛り上がりました。
 最も彼に感謝しなければならないのは,私たちが小学校を卒業したと同時に教職を定年で退かれた当時の私たちの担任の大橋先生が現在も御歳83でご健在であらせられるという事を教えてくれた事です。戦時中は帝国陸軍に招集され,小学生だった私たちにもご自身の戦争体験を話して聴かせてくださった大橋先生はユーモアたっぷりの本当に楽しく優しい先生でしたが,悪戯がばれた時のおっかなさといったらもう本当にただ事ではありませんでした。仁王立ちで教壇の前を指差し割れがねのごとき大音声(おんじょう)で「ここへ出てこい!」。これをやられるたびに(何度もやらかす私も私ですが)恐怖で文字通り縮み上がったのも今では懐かしい思い出です。
 実はつい先日,その大橋先生とやはり23年ぶりに電話でお話しする事ができました。嬉しい事に先生は私の事を覚えていてくださったばかりか,「君が学校でドラムを叩いているのを見て,当時の校長先生と『彼は将来ミュージシャンになるね』と話していたんだよ」と笑いながら言ってくださいました。ライブの休憩中だったので10分程度しかお話しできませんでしたが,先生の懐かしいお声に感無量になり,野毛の路地で携帯片手に何度も何度も頭を下げながら電話を切りました。この得難い機会を作ってくれた友人には特別の感謝の念を抱いています。

Comments are closed.