9月の出来事

2009年11月25日

 2ヶ月経った今だからこそやっと向き合って書ける出来事なのですが…

 9月15日の晩,うちで買っていたネコ兄妹のオス,レオが急死しました。3歳3ヶ月の短い一生でした。

 †

 イヌには稀ながらネコにはメジャーなこの病気の存在を,レオが発病したことで私も初めて知りました。心筋が厚くなる事によって心臓の拡張と収縮のバランスが悪化し,心臓でできた血栓が動脈に詰まって血流障害を起こす恐ろしい病気なのです。
 レオの場合は14日の晩に突然下半身が麻痺して両後ろ足を引きずるようになりました。私も家内も家にいる時だったのですぐさま動物病院に電話し,車で彼を運び急患扱いで診てもらいましたが「残念ながら救命率は低い」と宣告されそのまま入院。一晩は保ったのですが翌15日の晩に発作を起こし,妹ウメの顔を再び見る事も無く病院で息を引き取りました。

 以前にここにも書いた通り,兄妹2匹のうち病弱だったのはどちらかというと妹のウメの方だったんです。ですから私も家内もウメはある程度長生きできなくても致し方ない,せめてレオとだけでも長く一緒に居られれば…と日頃から考えていました。それだけにどこにも異状のなかったレオの突然の死はあまりにもショックが大きく,私も家内も立ち直れないくらいの深い悲しみを味わいました。

 今までありがとうレオ君,悪戯も大好きだったけど妹の毛繕いをしてやるのが一番好きだった優しい君は,きっと天国で深い安らぎに包まれているだろう,どうか私たちのそばで,君の小さな妹をいつまでも見守っていてやってほしい,しかし叶う事なら,もし叶うのならばもう一度だけ,君の体がまだ温かいうちに,その小さな頭を撫でてやりたかった…

 …という想いを楽譜にしたのが11/3の「」ライブで演奏した新曲「Remembrance」だったんでした。動物好きのミュージシャン仲間の中には「レクイエムはね,書かない方がいいらしいよ」という助言をくれた人もいたのですが,私の場合はこれを書き上げた事でやっと自分が少し救われたように思います。

 それにしてもレオの死後2週間くらいまでの演奏の仕事は結構キツかったです。お客さんの前ではやっぱり楽しく演奏しなければならないですから。今まで様々な局面でこの仕事を「幸せな仕事」だと思ってきましたが,生まれて初めてプレイヤーという職業を「辛い」と思いました(笑)

 †

 ウメは今のところ元気にしています。相方を捜すようなそぶりは見せませんが,何だか当社比で2倍くらい甘えん坊になりました。9月に味わったショックを考えるとウメを可愛がりすぎる事に恐怖さえ覚えますが,それでも猫の方ではやはり生きている間は可愛がってほしいはずと信じ,後々の悲しみを覚悟でウメとの時間を大切にしようと思います。レオも私たちにそう教えて旅立っていったように思えます。


Comments are closed.