どこにも笑えるところがない文章に『w』をつけても面白くなる訳が

2009年12月11日

 ●「Live Info.」に2件追加。

 「次回から通常更新に戻ります」と言ったとたんにメインPC(PowerMacG4 Dual1.25GHz)がぶっ壊れ,全然更新ができないまま1週間半も過ぎてしまった。Macの壊れ方にもいろいろあり,よくある「HDDがマウントされなくなった」とかだと自力で直せるケースもあるのだけど,さすがに今回のような「電源が入らなくなってしまった」というケースだと私のような素人にはお手上げ。旧い機種なのでAppleのサポートも受けられず民間の(Appleも民間だけど)修理会社に泣きついたところ「中古の同機種とトランスを交換すれば治る」とのこと。やれ嬉しや,では早速お見積もりを…ということで金額を出してもらったところ5万円台前半という微妙な数字が出てきたため脳内電卓が起動。あと1万円積めば最新型のMac Miniが買えるのか。さらに5万円積めばiMacやらMacbook Proにまで手が届くぞ…などという悪魔のささやきに負け,結局修理を断念してHDDだけ取り出してもらい,今までの持ち出し用PCだったPowerbookG4 17"をメインPCに据え,新たに出張用としてMacbook Pro 13"を購入し,いろいろとデータの移行などをやっているうちに10日くらい過ぎてしまったというわけ。あとに残ったのは「今までよくもまあ3kgもある17インチPBG4を持ち歩いていたもんだ」という感慨と,「メインのPCが遅くなってしまったなんて采配ミスなんぢゃねえの俺」という淡い後悔。

 †

 ひょんなことから非常に嬉しいブログを見つけました。直リンして先方を驚かせてしまってはいけないのでURLをご紹介。http://yu-one.blogspot.com/2009/12/blog-post_05.html

 多くのカシオペアのファンの方にインスピリッツの音楽を聴いていただけるのも本当に光栄なことですが,野呂さんやカシオペアを今まで知らなかったという方がインスピリッツのライブ映像を見てこんな風に思ってくれるなんてなんという僥倖でしょうか。「ライブ会場でその音を目の当たりにしたときの興奮は想像するに容易い。その味わいをできるなら遠くない未来に体感してみたい」という一節に「2月にライブありますよ! ぜひ来てください!」というメッセージを送ろうとしてかろうじて思いとどまりました。この方ならきっとご自身で情報を探し出してくださるはず。それをあろう事か当事者が呼ばれもしないのにしゃしゃり出てきて客引きのようなことをするなんて無粋もいいところですもんね。

 しかしそれにしても私が感銘したのは,このブログでインスピリッツのことを書いてくださっている方の文章が実に美しい,洗練された日本語であるということです。他のエントリーも「ひょっとしてプロの文筆業の方では?」と思わせるほどの引力ある文章。巷に溢れる無意味な絵文字や「w」だらけの,webに公開する意味が那辺にあるのか判らない有象無象のブログとは比べるべくもありません。この「Meditation」もいつかはこんな文章で埋まるくらい,人間として成長していたいものです。 無 理 で す か そ う で す か”

Comments are closed.