天気は良いもののえらく寒い正月でした

2010年1月1日

 ●「Basses」を更新。TRBフレットレスのサウンドクリップを追加しました。

 †

 今年は諸事情で広島の実家に帰らずに正月を迎えました。2年前ライブの仕事でカウントダウンを東京で迎えた事はありましたが,自分の現住所で年越しを迎えるのは1996年に実家を出てからは初めてです。思えば1年前の今日は牡蠣に当たって固形物が食べられない人になっていたのであり,その後も年間を通して毎春恒例のアレルギーで咳が止まらなかったり生まれて初めてMRIを体験したり副鼻腔炎の罹患が発覚し延べ4軒の病院に長期通院したり8月末にはひどい痔になって人生2回目の肛門科の世話になったりとともかく医療費がかさんだ1年でした。また9月には愛猫が一匹亡くなってひどく落ち込んだ事もあり,それ以来現在に至るまで会う人会う人に痩せただのやつれただの言われ続ける日々が続きました。音楽的には様々な刺激を色々な人物に貰えた貴重な一年でしたが,健康面から見ると私にしては異例に多難な年だったのだなぁと思います。

 さらに10年単位で振り返ってみると10年前=2000年は丁度「」の3人が初めてセッションをした年であり,私の音楽活動も一旦リセットされて試運転を開始した年でもありました。「宴」は数年で軌道に乗りましたが,一(いち)ベーシストとしての私自身はおそらく今年くらいでようやく軌道に乗るのかなぁという実感でおります。もちろん「ベースを弾く」という意味での求道は今後死ぬまで続いていく訳ですが,今まではその奏法や楽器,機材などに就いて右往左往,試行錯誤しながらの道のりだったのに比べ,今後はもうその辺をあまり変える事なく純粋に音楽的な事だけを磨いていけそうな気がするのです。

 そうとなれば今年からは頭と体を休める事なく空いた時間を有効に使うようにしたいものです。不況と言われて久しい昨今,生き残れる人々は現状を打開するための新しい閃きと現状の技術をより研ぎすますための努力を必ず持ち合わせているものだと思います。後者はともかく前者のような才能が自分にあるとは到底思えませんが,それでも不況という逆境が知恵を我慢を授けてくれるものでもあると信じ,今年からは新たな気持ちでこの仕事に改めて向き合えたらと思います。

 皆様本年もどうぞよろしくお願いいたします。”

Comments are closed.