次回の更新はタイムショックのお話です

2010年1月6日

 今年は年賀状をメールでくださる方がたくさんいらしたのですが元日は久々の飲酒で人として機能しない状態にあったため2日に頑張って返事を出そう,と思っていたところ2日の昼過ぎ頃から急に我が家のPCが全てネットに繋がらなくなりました。Airmacを調べてみたりPCを壁のLANに直結してみたりしたものの原因はよく判らず,家内に「明日にすれば」と言われたためこの日もメールを出さないまま酒を飲んで終了(正月だからね)。翌3日,幸いにもプロバイダのサポセンが正月も受付している模様だったので電話してみたところ「ご自宅のハブ(スイッチングハブ)が壊れてしまったのではないでしょうか」という返答。「そのようなものウチで見た事はありませんが」「おそらく納戸に設置されているボックスの中にあると思います」おおおおおおぉぉぉぉぉこのプロバイダ社員様はワタクシの家に就いてワタクシよりも通じていらっしゃる模様。果たして納戸の壁にかかっているブレーカーボックスそっくりの物体を開けてみると彼の言った通りスイッチングハブに8本ものLANケーブルが接続されており,しかも彼の言った通り既に昇天して(電源が入らなくなって)いる模様だったので空恐ろしくなりながらもこの社員様を神と認めました。どのようにすれば我が家が救われるかご託宣を仰いだ所「大きな電気屋なら3000円くらいで売っていると思います」との事。買い替えんのかよ。…などと口答えができるはずもなく,丁重にお礼を申し上げて電話をそっと切りサイフを持って外出。壁掛けネジの幅が合うものを探すため何件か電気屋をハシゴし,ようやくグッジョブな製品を見つけてレジに持っていったら3000円じゃなくて4000円だったので泣きながら帰りました。

 …前フリが長くなりましたが,以上がメール年賀をくださった方になかなかお返事を出せなかった言い訳でございます。

Comments are closed.