特にこの季節はなかなか寝付けませんな

2010年6月19日

 蒸し暑い日が続きます。松岡修造さんが出ているCMをこの季節に最後まで見るのは結構体力が要ります。



 †

 「ミュージシャン=不規則な生活」というのは誰でも思い浮かべる公式かもしれませんが,ジャズのライブだけを考えてみればたいてい会場入りは16~18時,終演は22時半~23時半くらいと決まっているので規則正しい生活もやればできない事はないと言えそうです。私の場合はヤマハのレッスンなどもやっていますが,それでも午前3時就寝/午前10時起床とかのスパンにすれば7時間きちんと寝られた上で大抵の仕事には対応できる事になります。
 しかし現実にはなかなかそうはうまくいかないものです。私の場合,その大きな理由はライブの際それなりにテンションをあげて臨むためで,たとえ午前1時に帰宅できたとしても即座にクールダウンできる訳ではなく午前3時にきちんと眠れるとは限らないんです。体は疲れ切っているのに目が冴えて眠れないというのはなかなか辛いもので,時にはその日演奏した曲のフレーズが頭の中でぐるぐる鳴りっぱなしになる事もあります。結局朝の5時6時まで悶々と夜を過ごす事になり,それが連夜続くと睡眠時間がジリ貧になってしまう事になります。
 若い時分は「寝酒を1杯」で割と簡単に眠れたものですが,最近は飲酒をすると逆に目がよけい冴えてしまうのでヘッドフォンで好きな音楽を微音量で聴きながら寝る事にしています。家内にとっては就寝時に音が鳴っているという環境は「ありえない」らしいですが,私には今のところこの方法が睡眠導入に最も効果があるような気がします。他にリラックス効果のありそうな飲料(薬物はイヤよ)なんかを知っている方がいたら是非教えて頂きたいです。



Comments are closed.