新ユニット『AmaKha(アマーカ)』!

2010年12月17日

 10日も更新が空いてしまい若干ここに出てくるのが気まずい雰囲気のやぢま君ですコンニチハ。どういった種類の気まずさかというと「1時間目の教室に遅刻して入ってくる」的な感じ? でも高校生くらいになるともう「途中で入るくらいなら2限から出よ」的な開き直りを見せ本屋などで立ち読みをしていたが故に成績はいつも赤点ギリギリでした。どうでもいいですかそんな話。

 さて,何度かここで「来年から新ユニット始動」と言うキーワードを小出しにしていましたが,先日「Live Info.」のページにその新ユニットの初ライブ(来年3/20です)の情報を載せましたので是非チェックしてみてください。ユニット名は「AmaKha(アマーカ)」,スーパーヴォーカリスト三科かをり女史と 私によるゴスペル・オリエンテッド・プロジェクトです。生粋のゴスペル・ミュージックというよりもゴスペルにインスパイアされたファンク/ソウルチューンを中心に,強力ミュージシャン達を集めオリジナルアレンジたっぷりに(最初はたっぷり準備できるかどうか判んないけど 笑)お届けします!
 個人的に,来年いっぱいはこの「AmaKha」を軌道に乗せるべく作編曲や庶務(笑)に力を傾注する事になると思います。もちろん堤さん華ちゃんをフィーチャーする「ブートファンク」もさらにコンスタンスにやって行きたいと思っておりますのでお見逃し無く! (「」は,もう私が何もしなくても思わぬところから勝手にライブの話が決まったりしますので 笑)

 来年1月9日,その「AmaKha」のプレ・ライブとも言えるセッション「三科かをり・箭島裕治Two-Headed Funk!」を東中野YESで行います。対バンは私がいつもお世話になっているベース工房「インナーウッド」 代表の木内広隆さん率いるバンドです。歌ものvsインストですが,おそらくどちらのバンドを見に来た人も両方のバンドを楽しめるはずと期待しています。そ して私個人としては,何を置いても三科女史の圧倒的なパフォーマンスをたくさんの方々に味わいに来て頂きたいと思っています。ちなみに,私と女史の8月の野外セッション(あまりの暑さに体が気化するかと思った)がYoutubeにアップされていましたのでご紹介します。どうか皆さん,この歌声を間近で浴びに1/9のライブにお越し下さい! ピアニスト/ドラマーも最強の布陣です!

 先日からトップページに掲載しているのがその1/9のフライヤーなのですが,実はついさっきまで2行目の「2011」が「2010」になっていたのは超ナイショですアハハハハハハハハハ(泣)




Comments are closed.