2月のご報告

2011年3月4日

 「何週間も更新が滞ってすみませんでした」と詫びを入れた直後に1ヶ月更新を放ったらかしていたベースの箭島君です。「どうかしたんですか?」「お体でも悪いんですか?」というお問い合わせが遂に1件もなかったのが普通に悔しいです。

 ●例のマイコプラズマ肺炎(らしきもの)ですが残念ながらまだ完治しておりません。咳は少なくなったものの歌ったり話をしたりすると簡単に出るの でライブやレッスンなどにまあまあ支障を来しております。しかし医者を含め誰に訊いても「あれは長引くんだよ~」という話をされるので根気よく薬漬けになって治癒を目指しております。

 ●で結局2月は何をしていたかといいますと,ライブはそれほど多くはなかったのですが上旬に数日間件の病気で寝込んでしまい,そのせいでレッスンの振替をしたり私的な宿題が山のように溜まってしまったりと人目につかない用事で振り回されておりました。しかし中には「志賀聡美さんのリーダー作品のレコーディング」や「中西俊博さん森丘ヒロキ君と私によるトリオライブ」などとという非常に刺激的なお仕事もありジャズミュージシャンとして非常に成長させて頂いた月でもありました。

 ●「」のライブが久々に柏のスタジオ・ウーでありました(2/27)。今回私が忙しかったせいで全くと言っていいほど宣伝が打てなかったのですが,それでも少しずつお客さんが増えてくれるのが大変有 り難いです。次回また6月に柏で演奏する予定ですが,その前の4月に久々の赤坂ビー・フラットで,しかも久々のゲスト入り「宴スペシャル」を敢行します!  皆さんゲスト誰だと思いますか? あの方ですよ,あの方!

 ●AmaKhaに関しては2月はとにかく資料の作成に明け暮れた月でした。本当は1月中に終わらせなければならなかった作業なのですが件の病気(←またかよ)その他の 事情により1月中に殆ど手をつけることが出来ず,実は現時点でもまだ多少宿題が残っているという状況です。しかし先日クワイア(コーラス)のみのリハーサルが無事終わり,ライブで表現するサウンドを初めて人力で形にしてもらったこともあり私も三科女史もまずはホッと一息つけたところです。この間AmaKhaサイトの更新が全く出来なかったので,先ほど試聴用のサウンドクリップを作り1曲だけアップロードしました。サビと2番のAメロだけですが女史の圧倒的な歌唱力を十分お楽しみいただけると思います。

 ●そのAmaKhaのライブ(3/20,横浜サムズアップ)ですが,私の主催のライブでは初のチケット制を採っておりますので是非お得な前売チケットをお買い求めくださいAmaKha公式サイトContact Us」のページにありますメールフォームよりお求めいただけます)。万一チケットを持たずにお越しいただいて「座席がない」ということになっても申し訳ありませんので。

 †

 さあ3月,AmaKhaをはじめライブが目白押しです。気合い入れて行きます!




Comments are closed.