Meditation

5月のご挨拶

 もーホントきつかったー。ずーっとずーっと断続的に忙しくて,この寝不足生活がどこから始まったのか全然憶えていない位。今月辺りから会う人会う人に「痩せた」「痩せたね」と言われるので家で体重計に乗ってみたら食生活何も変えてないのに3kg減ってました。多忙ダイエットの主な要因をざっと遡って追いかけてみると,AmaKhaミニツアー←オバタラ2daysとレコーディング(新曲満載)←インスピリッツの2daysとその準備(例によって全曲暗譜)←田中詩織ちゃんのスペシャル(ホントにスペシャルだった)ライブとその準備←イーサン・ボートニック来日コンサートに参戦←道下和彦さん増尾好秋さん2daysとその準備(た,大変だった)←トリオ江戸桜関連(色々取りまとめたり)←AmaKhaスペシャルライブとその準備←AmaKha SPの前日に秋田で白神音祭の収録(吹雪でモーションブルーに行けないかと思った)…とかかしら。これ以前は普通に単発のライブを割と粛々とやっていたりしたので,大体3月のアタマ位からが過酷だったような気がするなぁ。ま,何にしてもやっと一段落してまた平穏な日々に戻れそうな気がするので,ミュージシャンの皆様ブッキングのオファーお待ちしております。6月ヒマです(笑)。

 ●上記の終了済み各イベントのうち,写真や動画が手元にあるものを中心に幾つかご紹介。AmaKhaミニツアーはピアニスト西直樹さんに初めて参戦して頂いたと同時に,銀座No Bird小山FellowsにAmaKhaとして初めて出演させて頂くという有意義な旅となりました。No Bird三輪さん,Fellows秋山さん,色々と本当にありがとうございました。また自由ヶ丘スタヂオ・石田先生ご夫妻,Leaf杉崎さんご夫妻にも今回も大変お世話に&ご馳走になりました。旅から帰って以降リバウンドが怖くて体重計に乗れてないです(笑)。
 それにしても西さん。もう言葉で説明する事すら虚しい程の凄さでしたのでともかく動画でもご覧下さい。


御来場くださった皆様,どうもありがとうございました!

 ●オバタラ・セグンドは今月,2本のライブと2日間のレコーディングがありました。ライブでは加瀬田聡 (perc.) 君が初めてゲスト参戦してくれました! 思えば「セグンド」になって間もない頃,加瀬田君は一度調布GINZでのライブに飛び入りしてくれた事があったんです。多分2006年とか。それから8年経ってこんな形で共演する事になるなんて,何だか不思議な巡り合わせだなぁと思いました。コンガのプレイもさすがでしたが,バラード関連の景色の描き方はもう脱帽ものでした。
 そして思えばスタジオ・レコーディングは「セグンド」になってから8年目で「初」です。タイトなスケジュールの中,たくさんの新曲に皆で色々なアイディアを出し合ってもの凄く濃密な11曲を録音しました。アルバムってやはり,後付けでもいいから何か通底するテーマやストーリーがあった方が良いなと思うのです。それって作曲者が一人なら難しくないと思うのですが,全く個性の違う3人のコンポーザーの曲がこれほどまでに見事に「アルバム化」するとは…。よしひささん志宏君とバンマス中路さんによる「北方組曲」,まさに感動の作品です。

lg-mp-at-356
録音に参加したベース達。この他,インナーウッドの4弦で1曲弾いています。


 ●9ヶ月ぶりのインスピリッツのライブ,今回は東京に加えて大阪公演もあり,しかも大阪では入れ替えで2セット演奏しましたので都合3公演演奏した事になります。大阪の1stでは私の機材にトラブルが出て少々ご迷惑をおかけしましたが,新曲のお披露目等もあり楽しい3公演でした。前回と前々回が2年空いた事を考えると9ヶ月のブランクは快挙と言えるかもしれませんが,こうやって終えてみると更に頻度を上げたいな,と思ってしまうのは欲を出し過ぎでしょうか(笑)。単に「もっと沢山ライブをやれたら」という思いもありますが,1年〜数年に一度しか皆と会えないというのも寂しいですしね。

20140501inspirits
大阪公演の終演直後,楽屋にて。この後皆で串焼き屋さんで打ち上がりました。



 ●インスピリッツは東京公演の前日に一日だけリハーサルがあったのですが,更にその前日にはヴィオラ奏者田中詩織ちゃんのバースデイライブがありました。メンバーは詩織ちゃんと私の他,伊藤ハルトシ (vcl./gt.) 君,川口千里 (drs.) さん,Keiko (pn.) さん,帆足彩 (vln./琴)さん,豊明日美(笙)さん。強力な人選もさることながら,編成自体がこの斬新さ。一体この組み合わせでどんな音楽をやるのか…と思っていたのですが,いやー田中女史お見事でした。その野心的な内容については来て下さった方だけが知る秘密…と言いたいところなのですが,何とこの一夜限りのセッションがDVD化されて6/27に発売されるそうです。某所にも書きましたが,何から何まで攻めの姿勢を貫いている女史に脱帽。

20140427shiori_special
しかも女性陣が美女揃いでして個人的に大変幸せな一夜でございました。
も,もっかいこのメンバーでブッキングしてくんないかな(笑)。
それにしても千里ちゃん,全てに於いてハンパねぇ!



 †

 さて,「5月のご挨拶」等と抜かしながらその5月はまもなく終わろうとしておりますが,6月は今までのようなスケジュールの過酷さは無く,日々ライブをしながら楽しく初夏を過ごせそうです(笑)。しかしその中でも幾つか目玉ライブもありますのでご紹介。まずはAmaKha。

201406AmaKhaprints

 今回は爆風スランプのドラマー,ファンキー末吉さんをゲストにお迎えするスペシャルライブです。私も三科女史もファンキーさんとは何度も共演させて頂いておりますが,AmaKhaとしての共演は初めてでして,会場も初めてお邪魔する馬車道のパラダイスカフェというお店です。内容的にも何かこの日ならではの趣向にしたいなと思っているのですが今のところ未定。いや,自分の頭の中には既に概ね画が描けているのですが,一応,み,三科女史の賛同を得てからお知らせします(笑)



 それから,久々のNHK-FM「SESSION2014」への出演。今回は「白神音祭」にも参戦した中川英二郎君のカルテットでの出演となります。「白神」の時は長さ15分の曲を1曲演奏したのみでしたが(それだけでももの凄く壮大な内容でしたが),今回は更にあんな曲やこんな曲もきっと演奏される事でしょう。脇を固めるピアノトリオは何気に「」だったりするのですが,今回は「宴」のイメージは脇に置いておいて,英二郎君の世界観を存分にお楽しみ頂けたらと思っています。ちなみに収録観覧(無料)の受付,まだやってるみたいですよ。往復はがきにて6/3必着だそうです(応募が多い場合は抽選らしいです)。



 そして,今年もスーパーヴォーカリスト・原順子さんのツアーがあります。今年は6月末から7月初頭にかけて銀座Swing名古屋ブルーノートビルボード大阪と回ります。こちらもバックはピアノトリオ「宴」が務めます(最近「宴」単独でのライブはやっていませんが,度々こうした現場で会えるので楽しいです)。また,私は参戦しませんが9月にもコンサートがあるそうです。



 †

 以上,今回も近況報告に終始しましたが久々にガッツリ書きました。ホントは「Works」や「Basses」とかも更新しなきゃなんないんですが,ここだけで2日もかかっちったので今日はもう寝ます(笑)。
 あまりにFacebookやTwitterがお手軽なので普段はそちらに頼り切ってますが,やっぱり真の私んちはココです。皆様引き続き,ご愛顧の程よろしゅうに。



Test

Test

もうすぐですよ〜

20140307ura
ご予約はこちらから!



…Twitterとかにも載せましたが,リハーサルの様子もちょこっとだけ見せちゃいます。
今回のためのアレンジも書きましたよ!






頌春

 年明け早々辛気くさい話題で恐縮ですが,当サイトのメールフォームが現在機能しておりません。公開メールアドレス yajima@applet.jp も使えませんので,お手数ですがお仕事のご依頼などは yujiyajima@yahoo.co.jp までご連絡ください。よろしくお願い致します。


 †

 今年末年始は12/27に仕事納め→1/7から仕事始まりという,キレイというか非ミュージシャン的というか,ともかく人並みなスケジュールになったので掃除や家事,私用など身辺整理系な事を色々とやっていました。12/31に年越しライブが入らなかったのは実に6年ぶりくらいだったと思うのですが,家で普通に新年を迎えるのもいいものですね。年越しの瞬間は普通に「ガキ使」見てました(笑)。
 ちなみに3日までは藤沢に居ますが,4〜6日は広島に帰省してきます。名店「すずめ」の中華そばが食べられればいいのですが。



 †

 12月はオバタラの帝王降誕祭,AmaKhaのミニツアー,恒例の江ノ島ゴスペルライブ他印象深いライブが目白押しで,何と言うかホント濃かったです(笑)。六本木でのAmaKhaライブでもお約束(ではないのだが,ホントに)のバンマス事故もありましたが,大変盛り上がりつつ2013年のラストライブを締める事が出来て良かったです。時間があったら盛り上がりの一部を動画で公開したいなと思っています。多くの方々のご来場,本当にありがとうございました。

 1月はAmaKhaライブはありませんが,去年6月から始まった奥本めぐみ女史+箭島裕治トリオの3回目のライブが自由が丘ハイフンで1/12 (Sun.) に行なわれます。何とこの日は女史の誕生日だそうで,しかもこのライブのために既に2曲オリジナルを書き下ろしておられるとか。説明不要のスーパードラマー岩瀬立飛氏は勿論,若きメタルギタリスト小金丸慧君のプレイも必見です。個人的にも本当に楽しみです。

 AmaKhaも今年いろいろとスペシャルな計画を立てておりますが,2月に東中野でカルテットのライブを,そして3月には横浜のあのライブハウスで超スペシャルなライブを予定しています! どうぞご期待ください。



 †

 皆様今年もよろしくお願い致します。
 まずは1/12 (Sun.) ,自由か丘ハイフンにて皆様のお越しをお待ちしております。このライブが私にとっても今年の初ライブとなります。

20140112-1

20140112-2



オバタラツアーとAmaKhaツアー行ってきました

 約20日ぶりの更新です。前回はオバタラツアーの初日に青森で更新したのですが(我ながらよくそんな暇あったな,と),いやー最終日まで最高に楽しいツアーでした。演奏も勿論でしたが青森と仙台の打ち上げがしみじみ楽しかったです。青森のときは地元の方々に招かれてご一緒に,仙台ではバンド6人で水入らず。オバタラの打ち上げでは最初から最後まで全員居るという事は今まであまり無かったのですが(みんな「お酒を嗜む度」が全然違うので),今回は両方とも全員スタメンフル出場でしたね〜。仙台のお店の紹興酒が今でも恋しいです。

 そしてその翌週はAmaKhaでの東関東ミニツアー。今年のAmaKhaはいろいろなミュージシャンとの組み合わせでライブをやらせてもらいましたが,シメの12月はピアノが奥山勝さん,ドラムが岩瀬立飛さんという強力すぎるメンバーでブッキングさせてもらいました(まだ1日残っていますが)。奥山さんと飲みに行ったのは初めてでしたが,いやぁ最初から最後まで毒トーク炸裂してました(その矛先は殆ど私でしたが 泣)。MCでも私の天然っぷりを滅多斬りしてお客さん大爆笑…というシーンが何度かありまして,いやもう皆さんが楽しんでくれるのなら私などどのように扱われても構わないのですがもうホント2日間奥山さんに斬られ過ぎて失血死するかと思いました私。いずれどっかでその爆笑MCもご紹介しようと思っています。…いや,ご紹介しようかどうか非常に迷っています(泣)。

1476181_615368415196454_1897539590_n
演奏は最高でした。最高。



 †

 そしてそして,今年最後のAmaKhaライブが12/23(祝),この超絶メンバーにて六本木All of Me Clubで行なわれます! 来年1月はAmaKhaライブはありませんし,皆様是非このクリスマスライブを聴きに来てください! いやもうね,ワタクシ自分でも出色の出来と自負しているオリジナルアレンジの「Silent Night」があるんですが,毎年この時期にしかお聴かせできないのが歯がゆくて歯がゆくて仕方ないんですよ。今年はこの12/23が「Silent Night」AmaKhaバージョンをお聴かせできる最後の機会です! もちろんSilent Night以外にもクリスマスソングてんこ盛りにしてきます! 詳細は下のフライヤーをクリックです! お待ちしております!

AMAKHA12


八戸からコンニチハ

 AmaKha中路英明さんの初共演ライブ,多数のご来場ありがとうございました! 大船では三科女史の生徒さんも沢山来て下さるのですが,中路さんを初めて見たという方は皆感動したと言って下さり嬉しかったです。中路さんもスーパープレイの連続,何と言ってもAmaKhaが過去無い程の洗練サウンドに昇華したのは観に来てくださった方ならご存知の通りです。いやーしかし,こんな感じにゲストに持って行かれるとは正直思いませんでした。中路さん凄い!


amakha_nakaji
中路さん,本当にありがとうございました。次はツアー一緒に行きましょう(笑)!



 †

 そして今日のこのMeditation,その中路さん率いるオバタラ・セグンドのツアー初日の逗留先である八戸で書いております。箭島裕治,40歳にして初・青森です(さ,寒)。なんかもー打ち上げで頂いたイカの塩辛がやたら旨くて日本酒が進み過ぎて1次会が終わった時に店のガラス扉を認識できず思いっきり激突したのは内緒です。おかげさまで赤丸急上昇中(いやホントに)のオバタラ・セグンド,八戸でも満員のお客さんに恵まれこちら側の演奏テンションもやたら高かったです(笑)。今日29日には仙台に移動,”Jazz Me Blues noLa“さんで2日目の演奏があります! お近くにお住まいの方,絶好調すぎるオバタラ・セグンドを是非観にいらして下さい!

 (…しかし八戸,日本酒旨くてかなわんなー。誰かこっちの人が養子にしてくれないかしら笑)



 †

 そしてそして,12月のAmaKhaは水戸・旭・東京の3カ所でクリスマスライブやります! ゴスペルに限らずミュージシャンは皆この時期にしか出来ない曲が沢山あって11月あたりからフライング気味にクリスマスソング始めちゃう人もいるくらいですが,我々AmaKhaも12月限定曲ずらりと並べて手ぐすね引いて待ってますので,皆さん是非聴きに来てくださいね! 7日(土)が水戸・自由が丘スタヂオ,8日(日)が旭市・リーフ,そして23日(月祝)が六本木・All of Me Clubです!

 そしてそしてそして,クリスマスゴスペルと言えば今年も江ノ島のイルミネーション点灯式三科かをりKWRゴスペルクワイアの演奏があります(12/22日曜日)。誰もが目を奪われる感動の点灯式,一見の価値有りです! 上記AmaKhaの3ライブと併せて,ピアノ奥山勝さん,ドラム岩瀬立飛さんという超トッププレイヤーと共にお送りします! 詳細はScheduleのページをご覧下さい! あー何かもう,今からテンション上がるわー。





「AmaKhaフィーチャリング中路英明」実現します。

 前回の更新の時,「やぢまゆうぢ」っていう平仮名表記を最近使ってない理由をここに書きました。ま要は「やぢま」を「やまぢ」だと思い込む人が多くて,現に某有名ドラマーさん(神保さんじゃないよ)など1年間くらい私の事を「やまぢ君」だと思っていたらしいのですが,先月某有名トランぺッターさんもとある学校公演で私を「やまぢゆうぢさん」とメンバー紹介してくださいまして。いやエリックさん(あれ?)は普段私の事を「やぢまさん」と呼んでくださいますしただの言い間違いだと思いますし私ももちろん気にしてないのですが,では言い間違いを誘発する理由は何かと言えばやはり今まで私自身が使っていた「やぢまゆうぢ」という平仮名表記にあったと思うのです。中にはこの表記を気に入って下さっているミュージシャンもいらっしゃるようなのですが(って言ってもこの人くらいか),出来れば今後は皆様に於かれましても漢字表記「箭島裕治」の方を広めて頂きたく弱めのお願いをしておきます次第です。私も今は原則,漢字を使う事にしてますんで。尤も,この漢字表記がまた今流行りの誤表記の可能性をそれぞれたっぷりと含有しておりまして,「島」は「嶋」,「裕」は「祐」,「治」は「司」,そして「箭」に至っては「前」「簑」「笹」など,過去様々なバリエーションで間違えられております。まあね,どれも似てっから仕方ないけどね…って,「司」とか全然似てないんだけど。そうそう,「箭」についてはよく「変換しても出て来なくて…」って言われる事が多いですので,もし「や」で変換されない場合は音読み「セン」で変換してみてくださいませ。こんな日常生活に縁のなさそうな漢字ですが,何故かJIS第1水準漢字だったりするんです。25年前に親に買ってもらった8ビットのパソコンにも入ってました。現在の皆さんのPCなら必ず入ってる筈です。
 ちなみに上記の学校公演のあと,何故かエリックさんを含む一部のメンバー間で「もうさ,名前『やまぢ』君にしちゃったら」「これから君の事を『やまちゃん』って呼ぶから」「そんでさ,山木秀夫さんとか山本剛さんとか誘って『やまちゃんバンド』作ってさ」「で,バンドやってるうちに『そう言えばオメー,ホントはやまちゃんじゃなくね?』って気づかれたりして」などという話が勝手に進んでいましたが勘弁してください


 †

 そんなわけで「題名の無い音楽会」に引き続き,先月もEMバンドのエキストラでベース弾いてきました。いままでトラのベーシストさんが来た事はほぼ無かったそうですのでホント光栄な話です。またその数日後にはエリックさんと近藤和彦さん,中川英二郎君とピアノトリオ「宴」によるスペシャルセクステットのコンサートが愛知県長久手市でありました。このメンバーによるコンサートは昨年2月に同じ長久手の会場で行なわれて以来2回目であり,内容的にもこのメンバーでしか有り得ない充実度であり本当に楽しい1日でした。また是非同じ会場で,同じメンバーでの演奏会が出来ればいいなと思います。「この場所でしか聴けないサウンド」にしてしまうのって,何か凄くいいナと思うんです。
 前回ここを更新したとき「わーい今日から4連休だぜ」などとほざいていたと思うのですが,実際その連休の後の私の10月はFRV!のレコーディングなどもあり殆ど休み無しの忙しさでした。しかし何と言ってもこのエリックさんとの2公演は特別に濃密で,これがあったお陰で特別に充実した1ヶ月だったなぁ,とこの10月を振り返っております。

 翻って11月はスケジュールに余裕があり休日も9日ほどある予定です(うち1日は打ち込みの仕事で既に消費してしまいましたが)。わーい。そして今月のAmaKhaは遂に,トロンボーン界の巨匠にして自他共に認める日本ラテン音楽界の帝王,中路英明さんとの共演を果たします!

amakhaflyer1123

? 現在人気沸騰中のラテン・フュージョン・バンド「オバタラ・セグンド」(今月末に東北ツアーあります! 詳細は「Schedule」へ)のバンマスと兵隊として揺るぎない絶対主従関係を築いている中路さんと私ですが,初めてお会いしたのは多分2004年7月,田中哲也さんのビッグバンドで共演した時だと思います。以来何度かの共演を経てオバセグのベーシストに抜擢して頂きこんにちのヒエラルキー構築(笑)に至るわけですが,今年8月にそのオバセグのツアー中,京都RAGでの打ち上げで三科女史が所属する「クリスタル・ジャズ・ラティーノ」のDVDをスタッフさんが流してくださり,その演奏を初めて見たオバセグのメンバー一同が大絶賛…という一幕があり,密かに私の脳内で「これはラテン王とAmaKhaの共演,ひょっとしたら承諾してもらえるんじゃないだろうか…」という企みが持ち上がったわけです。で翌々日,福岡の楽屋で今回の話を恐る恐る持ちかけたところ「やる! 絶対やる! もう手帳に書く! 今書く! 断ったらキャンセル料貰う!」と凄い剣幕で承諾してもらえた…というのが今ライブ実現の経緯です(笑)。
 これね,中路さんに快諾してもらえただけでも嬉しいですし,もう絶対凄いライブになる事は間違いないんですが,恐らくこのライブは私個人にとってもある一つの重要なスタート地点となる一夜になると思っているんです。今年幾つかの出来事を経て,40歳になった自分自身にミュージシャンとしてある一つの決意を設けたのですが,オバタラの将たる中路さんに自分のバンドで演奏して頂くという事はその決意に大きな意味を持たせてもらえる事に他ならないと個人的に感じているのです。来年に向けてAmaKhaは新たな企画を発足させておりますが,まずは11/23のこのライブを沢山の方々に,殊にオバタラ・セグンドのファンの皆さんにも是非来て頂きたいです。そしてこの日のライブを見に来てくださったAmaKhaのファンの皆さんにも,ぜひオバセグのライブを見に来て欲しいと思っています。…いや,中路さんのモノホンのサウンドを聴けば絶対オバタラも見たくなるに決まってます(笑)。



 中路さん,一緒にグルーヴしまくりましょう! そして,思う存分語り合いましょう(笑)!



9月の報告と10月の予定

20130921_1019

 わーい。本日10/4からワタクシ4連休です。正確には6日に少々打ち合わせがあるのですが,久々にゆっくりと睡眠時間が取れそうです。しかしここのところAmaKhaのオリジナル曲を全然書いておらず(新アレンジは結構書いているのですが),最後に書いた「いつも近くに」からそろそろ1年が過ぎようとしており,さすがにこれは遅筆過ぎだろうということでこの4日間に何とか1曲は新オリジナル曲を書き上げたいと思っております。あぁ,また部屋の片付けが遠のくなぁ…



 †

 9月の業務報告。
 ●この月,いつも平和な私の人生の中では珍しく幾つかの事件がありました。うち一つは私の判断ミスである人を大変傷つけてしまったので心情的には申し訳なく思っているのですが,同時にこれらの事件を通してある一つの決意を持つに至りました。個人的な思いなので詳らかにはしませんが,もうこれからはホントにミュージシャンな人だけがミュージシャンを名乗れるミュージシャン界であって欲しいと願っています。
 ●「題名のない音楽会」,たくさんの方から「見ました」報告を頂きました。ありがとうございました。そしてやはり地上波の威力は凄まじく,当サイトの3日分くらいのアクセス数が9/1の9時台にガツンと集中したのですが,「もしや」と思って検索ワードを調べてみるとやはり「島裕治」で検索して来られた方が多数。いや実はね,もともと「やぢまゆうぢ」を名乗っていたのはもちろん「箭」という字が難読であるため名前を憶えてもらい辛いだろうという思いからだったのですが,それを最近廃止したのは平仮名表記だと「やまぢさん」だと勘違いしてしまう人がめっぽう多い事に気がついたからなのです。どうせ間違えられるなら,せめて死ぬまでにできるだけ「箭」の読み方を世に広めてから死のう,と。しかし実際のところ,平仮名表記のままであったならばもっとたくさんの方が私のサイトに辿り着いてくれたかも知れないと思うと少々複雑です。もっとも,Googleに「島裕治」と放り込んでも私のサイトが一応トップヒットするのですが。
 ●7〜8月はガッツリと固まったツアー日程が多かったですが,9月にあった13本のライブは全て単発のライブでした。お馴染みのFRV!に加え久々の共演となった堤智恵子さんやNORIKOさん,初共演のMASAYOさんのライブなどがあり楽しかったです! AmaKhaはステージが新設された野毛Dolphyで久々に石川智さんを迎えたライブ,新アレンジ(自信作! 笑)「Time After Time」等も演奏し盛り上がりました。
 ●そして9/30にはココナッツカップスのディナーショウで,生まれて初めて鹿児島県の地を踏みました。残念ながら翌日午前中に帰京せねばならずゆっくりと鹿児島の食を楽しむ時間はありませんでしたが,とっても楽しい仕事で会場の鹿児島サンロイヤルホテルさんにもとても親切にして頂きました。今度はプライベート観光で行ってみたいです!
 ●これで個人的に未踏の都道府県は青森,山形,石川,鳥取,宮崎の5県になりました。青森へは11月にオバタラで行きますので残り4県! この4県でAmakhaツアー組もっかな(笑)


 †

 つづいて,10月の予定をピックアップ。
 ●今日(10/4)から4連休です(どうでもいいか・笑)
 ●昨年2月に愛知県長久手市で行なわれたエリック・ミヤシロスペシャルセクステット,何と今年も同じ会場・同じメンバーで10/12に行なわれます! あまりにも凄すぎるメンバーでの再共演,中京地区のみならず首都圏や関西圏の方にも是非見に来て頂きたいです! 「」もまたしばらくありませんし(笑)
 ●10/14にはオバタラ・セグンド霞町音楽会というイベントに参戦します。今年のオバセグはツアーだけでは無く都内でのライブ回数も急増。今,ホントに脂乗りまくってます。
 ●そしてAmaKhaは10/19に銀座Swingにてスペシャルライブを行ないます! ゲストはAmaKhaとしては初の再共演となる天才ビブラフォン奏者,山崎ふみこ女史! いやぁこんな面白い人はそりゃあ2回呼んじゃいますよ。今回はどんな天然発言で私達を笑かしてくれるのか,乞うご期待!
 ●そしてそして,今月下旬にはFRV!新アルバムのレコーディングが行なわれる予定です。3年ほど前から参加させて頂いているワタクシですが,アルバムへの参加は初めてでとても楽しみにしております。参加ミュージシャンの豪華さはもちろん,コンセプトも大変面白そうですよ! 完成をお楽しみに!



未だに気管支炎患っております。もう2ヶ月になるんですが…

 鬼の8月,何とか終了して9月に入りました。9月も決して鬼でないわけでは無く,前半に9本のライブが固まっているなどそこそこ過酷ですが,うち6本は終わりましたし,何と言ってもツアーよりは毎日家に帰れるライブの方がやっぱり楽です。それにしてもオバタラツアー楽しかった! 今年も各会場で満員のお客様に恵まれ,改めてバンマス中路さんの情熱に敬服するよりありませんでした。昨年辺りから,オバタラ・セグンドは何かこう今までのJazz界に無かった面白さを秘めたバンドになりつつあります。勿論演奏に賭けるメンバーの意気込みもそうですが,Facebookをやっている方にはメンバー全員の人間的壊れっぷりを思う存分楽しんで頂いているのではないでしょうか。ま,その中でも私は没個性の最右翼ですが(笑)。ともかく今のオバセグ,脂が乗りまくってます。

20130921_1019

 そして今月は久々にドラムに石川智さんをお迎えするAmaKhaライブがあります! 石川智さんと言えばブラジル音楽での素晴らしいプレイが有名ですが,ファンク・グルーヴも最高なんですよ! 証拠物件と言っては何ですが,前回お手合わせ頂いた時(ちょうど1年程前です),の「翼を下さい」の動画がありましたので期間限定でアップ致します。今月は9/21 (Sat.) 桜木町Dolphyです! 楽しみ!

ちなみに↓こちらは以前アップしたハプニング動画。以後気をつけます(笑)




鬼の7月から鬼の8月へ

20130804

 もう3日後に迫ってしまっていますが,次回の「AmaKha」ライブは8/4 (Sun.) ,調布GINZにてお昼14:00から始まる「アフタヌーンライブ」です! 首都圏でのライブは実に3ヶ月ぶりであり私達も気合いが入っています。さらに今回,奥山勝さん・岩瀬立飛さんという泣く子も黙るトップミュージシャンを迎える事になっておりこちらも非常に楽しみです。実はレコ発ライブの2週間後,千葉県旭市のライブハウスにこのメンバーで出演したのですが,後日奥山さんが「異様な盛り上がりだった」と言ったくらいの大興奮のライブでした。8/4はあの時の盛り上がりを再現すべく,久々の東京のライブで最高のパフォーマンスをお店したいです! 皆さん,暑気払いに昼からビール飲みに来てくださいネ!


 †

 さて今日から8月ですが,やぢまゆうぢの7月はホント過酷でした。実は6月末に軽い風邪をひいてしまい,それはすぐに治ったのですが咳喘息のような症状が残ってしまい,耳鼻咽喉科→内科→呼吸器科と病院をハシゴしながらの7月上旬だったんです。最後に紹介して頂いた呼吸器科の先生がとても良い先生で最初からここに行っておけば良かったのですが,その後すぐオバタラツアー第1陣が始まってしまいなかなか体をゆっくり休める暇がありませんでした。オバタラは各地で満員の盛況でありまずは大成功の第1陣でしたが,私は各打ち上げをほぼキャンセル,出席した日もアルコールを完全シャットアウトしなければなりませんでした。下の写真は4日目の打ち上げで生まれた神コントですが,両名ともシラフです(笑)

1004000_583149958403587_448984608_n
「あなた、ゲバラってな〜に?」
「ゲバラ焼肉のタレだよ」
「チェ!その程度かっ!」
脚本 平川象士

 戻り日は昼過ぎに帰宅してそのまま機材車で出発→六本木でライブ。翌日は渋谷で丸一日レッスン,そしてその翌日から三科女史と共に再び関西へ向かい奥本めぐみさんと合流して夕方から深夜までリハ,そしてその翌日と翌々日がAmaKha・めぐみさん・クワイアThe Mustard Seedsによるコラボライブでした。めぐみさんを始め関西のミュージシャン・クワイアの皆さんのファンキーな事(音楽・人間共に 笑)! もう本当に3日間笑いっぱなしの関西ツアーでした。

935052_598752420147425_1824624089_n
皆さん,お世話になりました! ありがとうございました。

 そして帰京する頃にはISSEI NORO INSPIRITSのライブまであと3日と迫って来ていました。今回渡されていたセットリストは19曲,INSPIRITSとしても過去最多の曲数です。全曲暗譜する為に今回も約1ヶ月前から少しずつ練習をしていたのですが,最も重要な直近2週間をほぼ旅先で過ごしていたのでなかなか効率的な練習が望めず,このゴスペルライブが終わってからの追い込みと言ったらパなかったです(笑)。実際,本番前日のリハの段階ではまだ幾つか構成がうろ覚えの箇所もあったのですが,帰宅してそのリハの音源をもう一度聴き直し,寝る前にもう1セット弾き直してようやく憶え切る事が出来ました。…と思っていたのですが,当日のアンコール3曲目でついに何かの糸が切れてしまったのか,最後の最後でとんでもない接触事故を起こしてしまったのは他ならぬこの私です(泣)。皆様大変失礼致しました。でも2年越しのワンマンライブ,まさに天下一武道会の趣で本当に楽しかったです!

999840_308860399259490_309407081_n
やぢまゆうぢ4弦ベースデビュー戦。
頼まれてもいないのに沢山MCしてすみませんでした(笑)

 INSPIRITSが終わってホッとする間もなく翌日は水戸で遠藤律子トリオ,更にその翌日は川口でココナツカップスのコンサート。この2公演の間はもう帰宅する時間もなく外泊し,川口の翌日29日になってようやく丸1日休みが取れました。普段の私だとこういう時に一気に気が緩んで体調を激崩ししたりするんですが,今回はもう7月の頭から既に病人だったためこれ以上悪くなる事もありませんでした(笑)。でもINSPIRITSのリハ〜本番の朝辺りが熱なども出てかなりヤバかったのは今だから出来る話です。


 †

 さて8月は4日のAmaKhaまでは少し楽できる予定なんですが,AmaKhaの翌日からすぐにオバタラツアー第2陣が始まる事になっており過酷さでは7月とそう変わらない予定です(笑)。しかし幸い咳喘息もようやく収束の兆候を見せており,抗生物質からも解放されているので2陣ではやっと打ち上げでお酒が飲めるかもしれません。その他順延されたJ&O名古屋公演や某音楽番組の収録なども控えており,9月半ばくらいまでは忙しくも楽しい夏が続きそうです。


« Previous Entries